【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

テレワーク活用に向けた支援

東京都では、都内企業1万社に対して、テレワークの導入状況についてアンケート調査を行いました。

結果は以下のとおりです。

調査結果の全文はこちら⇒多様な働き方に関する実態調査(テレワーク)報告書(PDF形式:19.4MB)

調査結果の概要

(1) 調査名
 「東京都 多様な働き方に関する実態調査(テレワーク)」
(2) 調査対象
 都内に所在する従業員数が30人以上の企業10,000社
(3) 調査期間
 令和3年11月
(4) 調査方法
 調査票を郵送配布、郵送またはオンライン回収とした。
(5) 回収数(回収率)
 2,204社(22.0%) 

調査結果のポイント

  1. 都内企業(従業員30人以上)のうち、テレワークを導入している企業の割合は、65.7%。令和2年度の調査(57.8%)に比べて7.9ポイント上昇。
    大企業だけでなく、中堅・小規模企業においても、引き続き導入が進んでいる。
  2. テレワークの導入効果は、通勤時間の削減や育児・介護などを抱える従業員への対応、非常時の事業継続など、働き方改革や危機管理に関して、テレワークの導入効果があったとする回答が上位を占めている。
  3. テレワークの継続・拡大意向について、テレワークを導入している企業のうち、9割以上の企業で、テレワークを継続する意向となっている。また、継続する意向の企業のうち、今後拡大する方向と同規模程度の実施とを合わせると、約7割となっている。
  4. 今後もテレワークを導入する予定のない企業が、導入しない理由としては、現場での作業が必要、対面での業務など、業務内容がテレワークになじまないとする回答が多数を占めている。
  5. テレワークを導入している企業のうち、すべての非正規社員に導入している企業が約3割、一部社員への導入が約4割、非正規社員に対しては導入していないが約3割となっている。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます

調査結果概要資料

・令和2年度都内企業のテレワーク導入状況調査結果はこちらをご覧ください。
 令和2年度 テレワーク導入状況調査結果

・令和元年度都内企業のテレワーク導入状況調査結果はこちらをご覧ください。
 令和元年度 テレワーク導入状況調査結果

・平成30年度都内企業のテレワーク導入状況調査結果はこちらをご覧ください。
 平成30年度 テレワーク導入状況調査結果

・平成29年度の都内企業のテレワーク導入状況調査結果はこちらをご覧ください。
 平成29年度 テレワーク導入状況調査結果

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 事業調整担当
電話:03-5320-4657