Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京都立多摩職業能力開発センター 八王子校

2019年度体験入校の様子

都立多摩職業能力開発センター八王子校では、ものづくりの楽しさを体験し、進路や就職先としてものづくり業界を考えるきっかけづくりとして、昨年より年に数回体験入校を実施しています。

2019年度は、自動車整備工学科で6回・メカトロニクス科で1回実施しました。

自動車整備工学科

今年度の体験内容は、
 ①「エンジンのオーバーホールをしよう!」
 ②「二輪自動車(バイク)の定期点検と部品交換!」
の2つです。(別日開催、選択可)

1 「エンジンのオーバーホールをしよう!」

車の中枢部でもあるエンジンを分解したあと、再度組み立ていきます。

 体験入校写真1

自分で組み立てたエンジンを実際に始動させ、調整をかけます。
果たしてうまく始動するか、緊張の一瞬です。

 体験入校写真2

・参加者の声(一部抜粋)
 「分かりやすかったです。車の仕組みを深く知ることができました。」

2 「二輪自動車(バイク)の定期点検と部品交換!」

この科目は普通自動車だけでなく、二輪自動車(バイク)も扱います。
この講座ではまずオートバイの点検作業を通して構造を学びます。

 体験入校写真3

点検後に、エンジン・オイルおよびスパーク・プラグの交換も体験します。
実際に授業をしている先生から教わるので、内容の濃い実習となります。

体験入校写真4

・参加者の声(一部抜粋)
 「初めてオイル交換やプラグ交換をしたので楽しかったです。自分のバイクでもやってみようと思います。」

 

メカトロニクス科 

今年度の体験内容は、「コンベア装置制御」です。

この体験入校では、
コンベア盤の組立~電気配線~プログラミング~動作確認・修正
と一連の作業を1人1台ずつ完成させます。

 体験入校写真5 体験入校写真6

・参加者の声(一部抜粋)
 「夢中になって作業したので、時間が短く感じられました。」

「訓練校ではどんなことをしているんだろう?」「ものづくりの仕事に携わりたい!」
実際に体験してみて肌で感じるものがあるはずです。
2020年度も体験入校を実施する予定ですので、ぜひ奮ってお申し込みください。