【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

配管科

期間 対象 課程 入校時期
6か月 一般向け 短期(授業料等無料) 年4回
センター
アイコン:城南

訓練の様子

施工作業の様子 衛生設備施工の様子
施工作業 衛生設備施工
(2級配管技能士課題) (空調の授業の様子)
2級配管技能士課題 空調の授業

訓練科の概要

 建物の中の配管は、人間の血管と同じです。
 水・湯・空気などのエネルギーを送り建物の機能を守ります。
 家庭での生活やビルで働く人達が安心して過ごせるのは、給排水・衛生設備や冷暖房設備などの配管工事が正しく施工されているからです。
 当科では建物に欠かせない給排水・衛生設備、冷暖房設備工事の施工や設備設計製図、設備機器の取扱いなど、管工事全般の知識や技能が習得できます。

就ける仕事

衛生設備配管工事

 簡単に言うと水道屋さんの工事です。
 給水・排水・給湯工事を担当します。
 「衛生」というのは、洗面器や便器、水栓金具などの器具工事の事をさします。
 最近、水廻り設備が充実してきたので、衛生設備工事費が住宅に占める割合は大きくなっています。

空調設備配管工事

 冷暖房の工事。身近な家のルームクーラーからビルの空気・クリーンルーム等をコントロールするための機械や配管・空気のフードの取付、運転をする仕事です。

ガス設備配管工事

 東京なら、東京ガスの指定店が行う工事の事。お風呂や湯沸器等に、配管・機器の取り付けを行う仕事から、道路に埋設する配管工事等です。

就職後の先輩の言葉

就職3年目の先輩の言葉

 入社した当初、不安の中で現場作業をしたことを思い出します。
 センターで工具の名称や使い方をみっちり訓練したお陰で、先輩から、よく知っているな!と言われ、うれしかったことを思い出します。
 今は、早く責任ある立場で仕事をしたく色々な事を吸収しています。やはり、基本作業や知識が今では役に立っています。

就職5年目の先輩の言葉

 訓練で教わったことを基盤として、今では、工事責任者として現場に従事しています。
 最近、新人が下に就き訓練で教わったことを後輩に教えつつ自分でも新たな資格などに挑戦しています。
 衛生設備は、生活する上でなくてはならない仕事です。
 お客様から喜ぶ仕事に就けて感謝しています。

取得できる資格等

※印の資格は、資格のページの詳細をご覧下さい。

資格

ガス溶接技能講習修了証
労働安全衛生規則による特別教育修了証:アーク溶接

受験資格

技能検定[国]2級技能士(建築配管)※排水設備責任技術者※

関連資格

給水装置主任技術者・管工事施工管理技士

ページのトップへ