【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

都立職業能力開発センター・東京障害者職業能力開発校で実施する公共職業訓練について、以下のとおり再開します。
求職者訓練(都立職業能力開発センター・東京障害者職業能力開発校)・・・6月1日から再開
在職者訓練(キャリアアップ講習)・・・6月1日から再開
民間教育機関での職業訓練・・・6月1日から再開

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

労政会館について、6月9日(火)から貸出を再開します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症対策

テレワーク導入モデル体験とは

新たにテレワークの導入を検討している都内中堅・中小企業等に対して、
簡易的にテレワークを体験できる端末及びツールを無償貸与することで、
テレワークのメリット・効果を体感できる機会の提供を行います。

対象

テレワーク導入を検討している都内の中堅・中小企業等
(従業員数2人以上999人以下の企業等。その他要件あり)

貸与機器等について

〇東京都からテレワーク用の端末(ノートパソコン)を1社当たり1台貸与します。

〇貸与する端末には、企業のICT環境等を踏まえたツールセットを
 予めインストールの上、必要な設定を行います。
 (ツール等の例)
  ・リモートデスクトップツール
  ・WEB会議システム
  ・チャットツール
  ・ファイル共有ツール
  ・勤怠管理ツール
  ・セキュリティツール

〇希望により端末とは別にポケットWi-Fiも貸与します。

〇希望により都から貸与する端末とは別に、体験利用に必要な範囲内で、
 会社内の端末についても必要な設定を行います。

〇端末の貸与ではなく、企業が所有する端末をテレワーク用に活用される場合は、
 当該端末にツールをインストールすることも可能です。

利用ステップ

以下のような流れで実施する予定です。

【事業の流れ】
事業の流れ(テレワーク導入モデル体験)

※テレワーク機器の貸与期間は、1か月になります。
 貸与期間中に、テレワークを体験していただき、貸与期間終了後、返却いただきます。
※貸与期間中の操作方法等の不明点は、電話、メール又はWEB会議等によりご相談が可能です。

費用

無料

募集期間

令和2年4月1日から7月31日(金)まで(予定)
※申込企業が予定企業数に達した場合は、期限前に締め切る場合がありますのでご注意ください。

申込方法

東京テレワーク推進センターウェブサイトの専用ページにてお申込みください。
https://tokyo-telework.jp/lp/try2020/index.html/

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京テレワーク推進センター
電話:050-3629-9795
メール:try@tokyo-telework.jp