【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

新型コロナウイルス感染症対策

妊娠中の女性労働者に係る母性健康管理措置促進事業奨励金

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染への不安を抱える妊娠中の女性労働者が安心して出産に臨めるよう、母性健康管理措置(※1)として休業が必要とされた方々が有給休暇(※2)を取得できる職場環境整備を行う中小企業等に対し、奨励金を支給してその取組を後押しします。

※1 妊娠中の女性労働者が、保健指導・健康診査を受けた結果、その作業などにおける新型コロナウイルス感 染症への感染のおそれに関する心理的なストレスが母体または胎児の健康保持に影響があるとして、主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合、事業主はこの指導に基づいて必要な措置を講じなければならないこととなっています(対象期間:令和2年5月7日~令和4年1月31日)

※2 年次有給休暇を除きます 

奨励金の内容

(1)対象等

厚生労働省の
「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」(令和2年度)
「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇制度導入助成金」(令和3年度)
「両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)」(令和2年度・3年度)
のいずれかの支給決定を受けた都内中小企業等 100社

※厚生労働省の助成金支給決定には、新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として妊娠中の女性労働者が取得できる有給休暇制度を整備し、令和4年1月31日までの間に一定期間取得させることなどが必要です。
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11686.html

(2)支給要件

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による有給の休暇制度を就業規則に規定

※労働基準監督署に届け出ることが必要です。
※厚生労働省の助成金支給決定後に新たに規定したことが条件です。

(3)奨励金支給金額

10万円

(4)申請受付期間

令和3年6月1日(火)~令和4年3月31日(木)

※予算の範囲を超えた場合は、申請期間中でも受付を終了します。
※申請は一事業者につき1回です。

(5)事業の流れ

(6)申請方法等

奨励金募集要項及び申請様式

(公財)東京しごと財団雇用環境整備推進担当ホームページからダウンロードしてください。
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/boseikenkokanri.html

申請受付窓口

公益財団法人 東京しごと財団 雇用環境整備課
所在地 〒101-0065
    東京都千代田区西神田三丁目2番1号 住友不動産千代田ファーストビル南館5階
電話番号:03-5211-2399

受付時間:平日9:00~17:00(12:00~13:00を除く)

ページのトップへ

お問い合わせ先

<申請・要件について>
(公財)東京しごと財団 雇用環境整備課
電話03-5211-2399

<その他事業全体について>
東京都産業労働局
雇用就業部労働環境課 
電話03-5320-4645