【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

家庭と仕事の両立


 高齢人口の増加や家族形態の変化を背景に、介護や看護を理由として離職した人が全国で9万9000人に上るなど、介護と仕事の両立が依然として社会的な課題となっています。
 東京都は、「介護と仕事の両立」をテーマに、主に企業の経営者、人事労務担当者の皆様に向けたシンポジウムをオンライン開催します。参加無料ですので、ぜひご視聴ください!

介護と仕事の両立推進シンポジウム チラシ (PDFファイル/497KB)

■開催情報■申込方法■プログラム■講師・ゲストプロフィール



開催情報

開催日時

 令和3年10月28日(木) 13時30分~16時30分

開催形式

 オンライン開催 ※Zoomを使用します

定員

 200名(事前申込制/定員に達し次第締切となります。)



申込方法

Web申込フォーム

 以下のバナーをクリックし、申込フォームの入力に進んでください。

 クリックして申込フォームの入力に進む

  

  後日、申込フォームにご入力いただいたメールアドレス宛に、
  Zoomでのご視聴に必要なURL及び参加手順等のご案内メールをお送りいたします。
  当日は、ご案内メールに記載された手順にしたがってご参加ください。

※ お申込みに関するお問い合わせは以下事務局までご連絡ください。

  お申込みに関するお問合せ先 
(平日10:00~18:00)
  
介護と仕事の両立推進シンポジウム事務局(株式会社おおわだぐみ内)
   電話:03-5422-1146 E-mail:kaigoshigoto@ohwada-gumi.co.jp



プログラム

基調講演 13時30分~14時20分
 「With コロナ時代の両立支援を考える
                ~介護をめぐる社員の悩み、企業はどう向き合う?~」

講師

 株式会社パソナライフケア 継枝 綾子 氏
 (介護福祉士・介護支援専門員)

  コロナ禍における家族の介護など、従業員が直面する新たな問題にも焦点を当て、
  介護と仕事の両立を支援する上で企業に求められる役割等について講演を行います。

 

企業の取組事例発表 14時20分~15時15分

登壇企業 ()内は主な事業内容

◆ EY Japan株式会社税務・保証業務を中心としたコンサルティング等)国内のメンバーファーム全体の取組を紹介

◆ 株式会社白川プロ(テレビニュースやドキュメンタリー番組の映像編集・音響効果)

◆ 株式会社DACホールディングス(広告・プロモーションの企画・提案)

  従業員の介護と仕事の両立について積極的な支援を行っている企業が、
  自社における取組やこれを通して得られた変化、また介護に直面する従業員の実例等について発表します。

 

トークショー 15時30分~16時10分
 「若年性認知症の母と生きる ~家族を介護する社員が、職場に求めるものとは~」

出演者

◆ ゲスト:フリーアナウンサー 岩佐 まり 氏
◆ 聞き手:株式会社パソナライフケア 継枝 綾子 氏

  現在も家族の介護と仕事を両立させている岩佐氏が、自らの直面した課題、
  それに対して職場に求める対応など、当事者としての経験も踏まえながら、継枝氏との対談を行います。

 

国・都の事業案内 16時10分~16時30分

 

  

講師・ゲストプロフィール

株式会社パソナライフケア 継枝 綾子 氏

 介護福祉士(国家資格)・介護支援専門員・福祉用具専門相談員
 1996年から福祉・介護業界に携わり、2000年からの12年間は、
介護支援専門員・主任介護支援専門員として延べ1,000人以上の高齢者のケアプランを作成
 現在は、官公庁より介護関連の研修や就労支援研修を受託し介護講師として従事
 2015年から介護と仕事の両立支援サービスのプロジェクトを立ち上げ、
介護と仕事の両立支援の講師やファシリテーターとして、全国の企業・学校等で講演
これまで延べ3万人超の研修受講者に介護と仕事の両立のノウハウを伝えている。
 2020年には、厚生労働省委託事業「中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業」において
仕事と家庭の両立支援プランナーを務めている。

 

フリーアナウンサー 岩佐 まり 氏

 1983年大阪府出身
 2013年より若年性認知症の母を在宅介護し、
その日々を綴ったブログ「若年性アルツハイマーの母と生きる」が共感を呼び、
月間アクセス数300万PVを超える人気ブログとなる。
 2015年には、介護の体験談をまとめた『若年性アルツハイマーの母と生きる』を出版
 ケーブルテレビのキャスターやネットチャンネルの司会を務めながら、同じように介護で苦しむ方たちが、
少しでも気持ちが楽になることを願い、全国各地での講演活動を行なっている。


 

後援

東京労働局、東京商工会議所、(一社)東京経営者協会、東京都中小企業団体中央会、
(一社)東京工業団体連合会、東京都商工会連合会、日本労働組合総連合会東京都連合会、
東京地方労働組合評議会、(公財)日本生産性本部、(公財)東京都中小企業振興公社、
(公財)東京しごと財団、(一社)東京中小企業家同友会、(公財)21世紀職業財団、
(独法)労働政策研究・研修機構



令和2年度「介護と仕事の両立推進シンポジウム」

介護と仕事の両立 過年度講演要旨

 

  

本シンポジウムへのお申し込みに関するお問い合わせ先

 介護と仕事の両立推進シンポジウム事務局
   電話:03-5422-1146 E-mail:kaigoshigoto@ohwada-gumi.co.jp


  

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進担当
電話:03-5320-4649