【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

板金溶接科

期間 対象 課程 入校時期
6か月 一般向け 短期(授業料等無料) 年4回
センター
アイコン:城南 大田校

訓練の様子

レーザー切断作業 レーザ溶接作業
板金加工作業 TIG溶接作業
応用作業

訓練科の概要

 金属製品は、デザイン・設計を行い、設計図を基に材料を切断し、板金・製かん加工等で形を造り、組立て、溶接等で完成させる、日本を代表するものづくりの技術で作られます。
 当科では、鉄鋼・ステンレスなどの板金加工や各種溶接法、レーザ溶接・切断作業、CAD/CAM操作など、ものづくりに必要な基本の知識と技能について学び、総合的な板金溶接加工の実務的技能者を育てます。

就ける仕事

板金溶接技能者

 金属製品製造に必要な板金技能者、溶接技能者として就職できます。
 レーザ溶接や各種溶接法、ガス切断やレーザ加工機による精密切断などの技能を駆使して、様々な形状の金属製品を作り上げます。
 照明器具をはじめ、事務機器、機械設備、生産設備機器、輸送用機械器具、建築金物、精密板金加工業(CAD/CAM技術者)など、あらゆる大きさの金属製品を作っている企業への就職を目指します。

就職後の先輩の言葉

就職4年目の先輩の言葉

 習得することが多く、課題も一日毎に変わり技能習得は大変難しいが、日を追って技能の上達を感じることができ、特に安全に関する知識をしっかり学べて大変良かった。
 作業に対しての心構えや、社会のルールとマナーなど、ものづくりをするための板金・溶接等の技能だけでなく、社会人としての自覚を持つことができた。

就職6年目の先輩の言葉

 就職をするために資格を取れば有利になると思って入校するよりは、日本を支える「ものづくり」をしたいと思って入校すると、やりがいもあるし、ものづくりが楽しく、技能習得も、より深くできるようになる。
 板金・溶接は、産業の根幹になる重要な仕事であり、日本のものづくりを支える一員として頑張ってほしい。

取得できる資格等

資格

 ガス溶接技能講習修了証
 特別教育修了証(アーク溶接 、自由研削といし、動力プレス)

受験資格

 JIS溶接技能者評価試験(鉄鋼・ステンレス溶接等)
 アルミニウム溶接技能者評価試験
 
◇見学会を開催しています。是非、ご参加下さい。

ページのトップへ