【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

若年者就業支援科(溶接コース)

期間 対象 課程 入校時期
1年 30未満 短期(授業料等無料) 4・10月
センター
アイコン:多摩

訓練の様子

若年者就業支援科(溶接コース)001 若年者就業支援科(溶接コース)003
若年者就業支援科(溶接コース)005 若年者就業支援科(溶接コース)007

訓練科の概要

 職業経験の少ない方を対象に訓練する本科では、「社会人としての就業基礎」と「溶接に関する知識・技能」を習得するための訓練を行います。
 社会人に必要な就業基礎を身につける訓練では、「作業体験」や「職場体験」などにより就業に対する意識を持ち、社会人に求められる「ビジネスマナー」「コミュニケーション能力」などの基礎を学 びます。溶接の実習においては、金属を電気エネルギーや熱エネルギーを用いて接合する基本的な溶接技法を修得し、ものづくりに必要な金属加工を幅広く学びます。
 また、製品製作を通してより実践的な溶接 作業の知識と技能、溶接の周辺技能(CAD、ロボット操作等)を修得します。

就ける仕事

金属製品造業

 金属を切断、曲げ、接合等の加工し品物を作ります。
 主に工業製品(機械部品、真空装置)は、我々が文明生活をおくる上で非常に大切な技術です。
 多摩地域は機械(精密)板 金が地場産業で、この部類に入ります。
 機械板金は金属の板を折り曲げ、工作機械のカバーやスチール書庫などを製作します。

建築業

 高層ビルディング、球形タンク、橋などを溶接・接合技術を駆使して大型構造物を製作します。
 また、建築業以外ですが、造船も溶接技術が大きく係わる産業の一つです 。

就職1年目の先輩の言葉

 在校中は、鉄(軟鋼)・ステンレス・アルミを中心に溶接を習いました。
 銅やチタンの溶接も少しですが体験することができ、いい経験をすることができました。
 品物を作るためには技能だけがあればいいと思ってましたが、図面の大切さや材料の性質などの関係する知識がなければ、正確に良いものができないことを知ることができました。
 資格の勉強は大変でしたが、先生方の指導で取得することができ、今の就職先でとても役に立っています。

取得できる資格等

資格

 東京都技能士補[都](技能照査合格者)
 ガス溶接技能講習修了証
 特別教育修了証(アーク溶接、自由研削と石、産業用ロボット教示等業務)

受験資格

 JIS溶接技能者評価試験(被覆アーク、半自動、TIG溶接)

 

◇見学会を開催しています。是非、ご参加下さい。

ページのトップへ