TOKYOはたらくネット

労働セミナー

令和3年度 使用者向けセミナー

徹底解説!2021年注目の労働関連裁判と実務

 昨年、いわゆる「パワハラ防止法」が施行されたことを踏まえ、精神障害の労災認定基準に「パワーハラスメント」が明示されました。また、パワハラ防止法に基づく指針において、性的指向や性自認に関する侮辱的な言動や、本人の了解を得ない暴露がパワーハラスメントにあたると例示されています。
 一方、企業において、LGBTの方々が安心して働けるよう社内啓発や相談体制、設備整備などの職場環境を整えることが求められており、法制化の動向も注目されています。
 そこで、本セミナーでは、1日目は「精神障害の労災認定の適否」について、2日目は「トランスジェンダーのトイレ使用制限」についての裁判例を分かりやすく解説するとともに、実務に与える影響や実務上の留意点について解説します。

開催日時 テーマ 講師
12月2日(木曜日)
 14時00分~16時00分 ネット受付終了
〇実務に役立つ判例解説 【第一部】
・判例解説(新日本グラウト工業事件)
・精神疾患発症における業務起因性の有無
・今後の実務への影響と対応
弁護士 神内 伸浩 氏
12月15日(水曜日)
 14時00分~16時00分 ネット受付終了
〇実務に役立つ判例解説 【第二部】
・判例解説(経済産業省事件)
・LGBTに配慮した職場環境整備の必要性
・今後の実務への影響と対応
弁護士 神内 伸浩 氏
皆様に安心して受講していただけるよう、受講の際には次の事項についてご理解、ご協力をお願いいたします。
◎検温の上、必ずマスクを着用してご来場ください。
◎常時マスクの着用、手洗い、手指消毒、咳エチケット、他の人との間隔保持にご協力ください。
◎37.5℃以上の発熱のある方、風邪症状(咳、咽頭痛等)や倦怠感がある等の体調不良の方、感染が疑われる方が身近にいる方、過去2週間以内に政府から入国制限や入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方は、受講をお控えください。

会場

東京都八王子労政会館(京王八王子)
2階 第一会議室
八王子市明神町3-5-1
※会場案内図はこちらをクリック

 

受講料

無料

 

対象

使用者、人事労務担当者、テーマに関心のある方

 

定員

38名
※定員に達した時点で、受付を終了させて頂きます。ご了承ください。

 

申込方法

電話、FAX、インターネットよりお申し込みいただけます。

インターネットでの受付は終了しました

※FAX申込書  

掲載されたPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(フリー)が必要です。
Get Adobe Reader

 

申込先

東京都労働相談情報センター八王子事務所 事業普及担当
電話:042-643-0278
FAX:042-645-7185

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場内では常にマスクの着用をお願いいたします。体調が優れない場合は、受講をご遠慮ください。
★新型コロナウイルス感染症の状況や災害等やむを得ない事情によって、セミナー開催を中止又は延期することがあります。中止・延期の際は、ホームページ「TOKYOはたらくネット」でお知らせいたします。
★お申込みいただいた際の情報は、本セミナーの受講及び新型コロナウイルス感染防止対策※の目的以外では使用せず、一定期間後、裁断廃棄します。※例:感染者が発生した場合、保健所等の公的機関に氏名及び連絡先を提供